電子定款を利用して株式会社を設立した場合の費用

電子定款の作成・認証代行をいたします*よくある質問*お問合せ*サイトマップ

電子定款

電子定款作成代行センタートップページ >> 電子定款を利用して株式会社を設立した場合の費用

電子定款を利用して株式会社を設立した場合の費用

 

株式会社を設立する場合、電子定款を利用すると、30,200円を節約することができます。

では、株式会社を設立する時には、どのような費用が必要になるのか、電子定款を利用した場合と利用しない場合で比較してみましょう。

 

株式会社の設立に電子定款を利用した場合と、しない場合の比較

 

 

電子定款を利用しない場合

電子定款を利用した場合

公証役場での定款認証費
50,000円
50,000円
定款に貼る収入印紙
40,000円
0円
定款の謄本の取得費
1,900円
1,900円
登録免許税
150,000円
150,000円
合計金額
241,900円
201,900円

 

このように、電子定款を利用して株式会社の設立を行った方が40,000円お安くなります。

 

電子定款を利用しない場合「定款に貼る収入印紙代」が発生しますが、電子定款を利用することで、収入印紙代が「0円」となります。

 

しかし、一般の方が電子定款を作成するのは、かなりハードルが高いうえ、電子定款を作成するためには、各種ソフトウェアが必要となり、お選びになるソフトの組み合わせ次第では、自分で作成しても全く安くならないケースもあります。

 

では、自分で電子定款を作成するにはどのようなステップが必要なのか次にご説明します。

 

ステップ1

個人の証明書が電磁的に記録された住基カードを取得する

ステップ2

住基カードから証明書情報を読み取るカードリーダーを購入する

ステップ3

Word等で作成した定款をPDFファイルに変換できるソフトを用意する

ステップ4

PDF形式になったファイルに電子署名を行うためのプラグインソフトを用意する
ステップ5

法務局のオンライン申請システムを利用できるようにユーザー登録の申請を行う

ステップ6

法務省オンライン申請システムが利用できるように各種ソフトウェア等をパソコンにインストールする

ステップ7

電子定款を作成する

ステップ8

公証役場に連絡をとり、定款のチェックを受ける

ステップ9

公証人からOKがでたら、法務省オンライン申請システムを使い、電子定款をアップロードする

ステップ10

公証役場へ行き、電子定款の認証を受け、認証が終わった定款と謄本を受領する

 

いかがでしょうか?この作業を一般の方が行うのはかなりの時間と根気が必要となります。

実際、ご自分でチャレンジしようとして、挫折された方からのお申し込みを多く頂戴しております。

 

では次に、電子定款作成に必要なソフトウェア等について、簡単ではございますがご説明させていただきます。

 

自分で電子定款を作成するさいに必要な証明書及びソフト類

住基カード取得費
※公的個人認証サービスを利用する場合

500円

ICカードリーダライター購入費
※カードから情報を読み出すために必要

6,000円

Adobe Acrobat 9.0 Standard

 

※Word等で作成した定款をPDFに変換し電子署名を付すために必要

 

※定款のPDF化と電子署名を、Adobe社以外のサードパーティー社製のソフトを使用した場合には、35,820円よりも安くなる可能性があります。

 

※サードパーティー社とは?
他社のOSや機器などに対応する製品を作っているメーカーのこと。OSや機器を製造したメーカー自身と対比する形で用いられる。元の機器を製造したメーカー自身が製造した対応製品(純正品)と比べて、さまざまな機能や性能の幅広いバリエーションの製品が用意され、価格も安いといった傾向が一般的。
IT用語事典より引用

35,820円

プラグインソフト

 

※PDF化されたファイルに電子署名を付すために必要

 

プラグインソフトは各種ソフトウェアメーカーから販売されていますが、法務省から提供されているソフトは無料で使用することができますので、そのソフトを使用することをお勧めします。

0円
合計金額
42,320円

※上記の表の構成はあくまで一例です。上記以外の構成でも電子定款を作成することは可能です。

 

つまり上記の構成でソフトや証明書を購入すれば「収入印紙代金40,000円」は節約できますが、ソフトと証明書代金で「42,320円」が必要になるため、電子定款の作成を自分で行ってしまうと逆に損をすることになります。

 

ただ、「Adobe Acrobat 9.0 Standard」をすでにお持ちの方は、自分で電子定款を作成すれば、紙の定款を利用するよりもも安く済ますことができます。

 

いかがでしょう?

ここまでお読みいただき、あなたはどのような感想をお持ちになったでしょうか?

 

自分で電子定款を作成するためには、住基カードを入手し、ICカードリーダライターを購入し、「電子署名プラグインソフト」を入手し、その使用方法を理解し、そのうえ電子定款作成の方法を学ばなければいけません。

 

この作業を行うには、よっぽど時間があり、コンピュータと会社法等に詳しい人でなければ難しいでしょう。

 

また、これらのソフトやツール類を購入しても、次に使う機会はないかもしれないのです。あなたは、二度と使わないかもしれないものにお金を出費するでしょうか?

 

こう考えてみると、ご自分で電子定款を作成する意義は薄くなってしまいます。

 

電子定款作成作業は、当事務所に依頼した方が賢明だとは思いませんか?

 

株式会社用の電子定款作成のお申し込みは、こちらをクリックしてください。

 

このページの一番上に戻る このページの一番上に戻る

 

 

 

ご不明な点がございましたら、下記の中からご都合のいい方法で、お気軽にお問い合わせください。

メール、FAXでお問い合わせの方には、原則24時間以内にご回答させていただきます。

※ただし、土曜、日曜、祝祭日に頂いたお問い合わせに関しては、平日のご回答となります。

連絡方法 受付時間帯
お電話なら
電話番号 03-5914-2990
受付時間

月~金 9:00~18:00

FAXなら
FAX番号 03-5914-2991
受付時間

24時間 365日受付

メールなら こちらをクリックしてお問い合わせフォームからお願い致します。

 

 

このページの一番上に戻る このページの一番上に戻る